OCEAN & EARTH のリーシュの種類

オーストラリアのサーフブランド「OCEAN&EARTH(オーシャンアンドアース)」のリーシュってどうなの??

初心者からトッププロサーファーまで、様々な人に愛用されているO&Eグッズですが、東京オリンピックのサーフィン競技、日本代表の五十嵐カノアも使っています。

O&Eは様々なサーフグッズを取り揃えていますが、今回はその中のリーシュに注目!

現在取り扱いがあるリーシュの種類は大きく分けて2つ!そこから更に細分化されています!

1…. ONE-XT

特徴:波が大きくなればなるほど、ボードを安全な距離に保ち、360度の動きを可能にし負荷がかかっていても快適。従来のリーシュの弱点だったエンドジョイントを排除した、つなぎ目のないコード。海水に強く錆びない素材を使用し、絡むことなくスムーズに自由に回転します。オリジナルのレールセーバーで着脱が簡単なだけでなく足首を包み込み快適な使い心地です。

2.DIAMOND FLEX

特徴:軽量で柔らかいフィット感があるダブルストラップになっていて、360度の動きを可能に!アンカーコードが縫い込まれたオリジナルのレールセーバーで着脱も簡単です。もちろん海水に強く錆びません。コードとモールドのつなぎを強化して、収縮しやすい作りになっているので動きやすいのが特徴です。

結局どう違う?比較の表で見てみましょう!

ONE-XTを使っている商品は、”PRO COMP” “ALLROUND/COMP” ”PREMIUM” “REEF QUICK RELEASE” “COLD WATER” “BIGWAVE” の6種類とロングボード用があります。

“REEF QUICK RELEASE” シリーズはリーフブレークでサーフィンが多い方にはオススメです!

COLD WATER” シリーズは18度以下の水温向けに設計されているので、冬の間や冷たい海でよくサーフィンされる方にオススメです!

ONE-XTの王道人気は “ALLROUND” になります!ビギナーの方や通年を通して使う方はこちらがオススメ!

DIAMOND FLEXは、”COMP” “REGULAR” の2種類とロングボード用があります!

また、各種類ごとに太さや長さも違います!

太さを決める時のポイントは普段乗る波のサイズです。5〜7mmはヒザ〜アタマくらいまでのサイズ、ビッグウェーブに挑む方は8mm以上は必要です!

長さを決める時は、サーフボードの長さによって選びましょう!

いくら丈夫なリーシュといっても、寿命はあります!コードが切れて、板が人に当たったりすることもありますので、細かい切れ目などチェックして、

切れる前に早めの交換をオススメします!

是非、これを機にO&Eのリーシュを試してみてください!

MAHALO〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください